NetBeans に vi プラグインをインストール

NetBeans を使用するときでも、エディターのキーバインドが vi じゃないと僕は生産性が悪くなってしまうので、NetBeans 7.1.2 に vi プラグインをインストールしてみました。

NetBeans のメニューバーで、 ツール > プラグインをクリックします。

表示されたプラグインウィンドウで、「使用可能なプラグイン」タブをクリックし、検索ボックスに jvi と入力して Enter を押してください。

jVi for NB-7.0 Update Center というプラグインが検索されるので、それをチェックし、ウィンドウ左下のインストールをクリックしてください。インストールウィザードが始まるので、ウィザードに従ってインストールしてください。

"jVi for NB-7.0 Update Center" plugin.

“jVi for NB-7.0 Update Center” plugin.

インストール完了後、プラグインウィンドウで「カタログを再読み込み」をクリックしてください。検索ボックスに jvi が入っている状態であれば、新しくプラグインが5個検索されるはずです。

検索されたプラグインの中で、

  • Editor Pin (standalone and jVi)
  • jVi Help
  • jVi for NetBeans

をチェックし、ウィンドウ左下のインストールをクリックしてください。インストールウィザードが始まるので、ウィザードに従ってインストールしてください。

なお、NB-7.0.1 patch が含まれているプラグインは、NetBeans 7.0.1 用のため、インストールできないので注意してください。

"jVi for NetBeans" plugin.

“jVi for NetBeans” plugin.

NetBeans の再起動を促すウィンドウが表示されるので、NetBeans を再起動してください。再起動後から、エディターで vi キーバインドが有効になります。有効化無効化は、ツール > jVi で切り替えることができます。

また、jVi の設定は、Mac OS X であれば、メニューバーの NetBeans > 環境設定…をクリックして表示されるオプションウィンドウの jVi Config タブから変更することができます。

Mac OS X では、フォント関連でエラーダイアログが表示されてしまうので、Font Check disable Problem Dialog プロパティをチェックしておくことをおすすめします。

"Font Check disable Problem Dialog" property.

“Font Check disable Problem Dialog” property.

これで、vi プラグインのインストール作業は完了です。vi キーバインドで快適なプログラミング生活を過ごしてください。

About TSUCHIDA Takuya

生まれ変わったら黒猫になりたいシステムアーキテクトです。僕への連絡は右下の MessageLeaf からお願いします。
This entry was posted in NetBeans and tagged , , . Bookmark the permalink.