MY ARM ブレッドボード実験セットの製作

トランジスタ技術2012年10月号の付録である ARM マイコンで実験するために、マルツパーツ館で購入した MY ARM ブレッドボード実験セットを製作しました。(付録マイコンと実験セット以外に、LPCXpresso LPC1114 Development Board を使用しています。)

my-arm-breadboard-experiment-set

MY ARM ブレッドボード実験セット

誌面に記載のとおりに製作していますが、左上のマルチカラー LED が誌面に記載のものと仕様が異なっていたため、抵抗のマルチカラー LED への接続を変更しています。

実験には NXP の LPCXpresso IDE を使用しています。LPCXpresso を切断した LPC-Link 部をライターとデバッガーとして使用し、USB シリアルブリッジモジュールを 5V の電源とシリアル通信モジュールとして使用しています。LPC-Link の 3.3V を電源とすることもできますが、マルチカラー LED が 5V の電源を必要とするため、LPC-Link の 3.3V は電源として使用していません。

半田付けなしで ARM マイコンを始めることができるので、電子工作初心者にオススメです。トランジスタ技術2012年11月号は、10月号の回路をプリント基板にしたものが付録で、半田付けの方法から解説するそうなので電子工作を始めるのに良いと思います。(なお、LPC-Link へのピンヘッダの取り付けには半田付けが必要ですが、デバッガーなしで一通り実験するだけであれば LPC-Link は不要です。)

また、付録の ARM マイコン(型番:LPC1114FN28)は、秋月電子通商で110円(2012年11月21日現在)で販売しています。今後、電子工作で使用するマイコンとして重宝しそうですね。

About TSUCHIDA Takuya

生まれ変わったら黒猫になりたいシステムアーキテクトです。僕への連絡は右下の MessageLeaf からお願いします。
This entry was posted in ARM and tagged , . Bookmark the permalink.