「計算機プログラムの構造と解釈」のためのプログラミング環境

Scheme を深く理解するために、「計算機プログラムの構造と解釈」を購入しました。「SICP」という略称や「魔術師本」という俗称でも知られているこの本は、かつて MIT のコンピューター科学科におけるプログラミングの入門講義で教科書として使用されていました。読み進めるにあたり、問題に解答するためにプログラミング環境が必要になったので、その環境を Mac OS X 上で構築する方法を記事にまとめました。

目次

  1. Racket のインストール
  2. SICP Support for DrRacket のインストール
  3. SICP Support for DrRacket の使用方法
  4. 例:写真の描画

1. Racket のインストール

Racket の Web サイトにアクセスし、下記のスクリーンショットの手順で、Racket をダウンロードします。なお、この記事では Racket 5.3.3 を使用します。

The Racket Language

The Racket Language

Download Racket

Download Racket

Racket: Download Racket v5.3.3 for Mac OS X (Intel 64-bit)

Racket: Download Racket v5.3.3 for Mac OS X (Intel 64-bit)

ダウンロードしたら、ディスクイメージをマウントし、Racket v5.3.3 フォルダをアプリケーションフォルダにコピーして、インストール完了です。

Racket v5.3.3 フォルダにある DrRacket を起動すると、下記のようなウィンドウが表示されます。

DrRacket

DrRacket

2. SICP Support for DrRacket のインストール

SICP の問題を実行するために、SICP Support for DrRacket をインストールします。なお、この記事では SICP Support for DrRacket 1.17 を使用しています。

まず、メニューバーの言語 > 言語の選択…をクリックします。

言語の選択

言語の選択

次に、The Racket Language を選択し、OK をクリックします。

Determine language from source

Determine language from source

起動時と同じウィンドウの上側、定義エリアに入力されている内容を下記のように変更し、実行をクリックします。

#lang planet neil/sicp
実行

実行

PLaneT: 完了 neil/sicp. とウィンドウの下側に出力されたら、DrRacket を終了します。

完了

完了

3. SICP Support for DrRacket の使用方法

終了させた DrRacket を起動し、メニューバーの言語 > 言語の選択…をクリックします。

学習用の言語

学習用の言語 > SICP (PLaneT 1.17)

次に、学習用の言語を選択し、その中の SICP (PLaneT 1.17) をクリックしたのち、OK をクリックします。

SICP (PLaneT 1.17)

SICP (PLaneT 1.17)

ウィンドウ左下に SICP (PLaneT 1.17) と表示されます。黄色の状態ではまだ使用できないので、実行をクリックします。

SICP (PLaneT 1.17)

SICP (PLaneT 1.17)

これで SICP Support for DrRacket が使用できます。

4. 例:写真の描画

下記のコマンドで、アインシュタインの画像が表示されれば、問題なく使用できます。

(paint einstein)
(paint einstein)

(paint einstein)

これで SICP を読み進める準備ができました。定義は上側の定義エリアに入力し、インタプリタとの対話は下側のインタラクションエリアに入力し、SICP の例題を実行しつつ、問題に解答してください。

About TSUCHIDA Takuya

生まれ変わったら黒猫になりたいシステムアーキテクトです。僕への連絡は右下の MessageLeaf からお願いします。
This entry was posted in Scheme and tagged , . Bookmark the permalink.